会報 第53号

Rise 第53号 2020年03月10日発行 Rise0053.PDF

自衛隊の中東派兵に反対です!
木更津へのオスプレイ配備反対!
労働者の団結で新型肺炎をのりこえよう!
池田自衛隊裁判控訴審勝利へ

(写真  2・2護衛艦「たかなみ」派遣への抗議行動(横須賀ヴェルニー公園と海上から))

腐りきった安倍・自民党を今こそ打倒しよう!

労働者・兵士の階級的団結こそが命を守る!

東京西部ユニオン(元自衛官)杉橋幸雄

人間が人間らしく生きられる世界を創造していきましょう

 感染抑止の医療対策が追いつかず、「水際対策」に失敗した安倍政権は、2月25日、ようやくにして「新型コロナウイルス対策の基本方針」を発表した。
 「私たちは絶滅を前にしている。なのに、あなた方はお金と永遠の経済成長という『おとぎ話』を語っている。よくもそんなことが!」(19年9月、国連、グレタ・トゥーンベリさん)。ー私たちは、改めて彼女の必死の糾弾をしっかりと受け止めなければならないと思います。
 帝国主義にもスターリン主義にも未来はありません!新たに決起し始めた世界の青年達と共に、環境破壊・戦争破壊を食い止め、人間が人間らしく生きられる世界を、国境を越えた労働者階級の団結した力で創造していくべき歴史的転換点に起っていると思います。

核戦争の衝動強める没落米帝

 没落するアメリカ・トランプ政権は一昨年、イラン核合意から一方的に離脱し、今年1月早々、イランのソレイマニ司令官を殺害するという激しい戦争挑発を強行し、中東における核戦争の衝動を強めています。19年6月、米統合参謀本部が発表した「核作戦」という文書によれば、中央アジアと中東地域を担当する地域統合軍の作戦計画の中に戦術核兵器を組み込むということが具体的に検討され、「核兵器の使用は戦闘の展望を根本的に変え、紛争でいかにして敵を圧倒するかに影響する諸条件を作り出す」「核爆発後の放射線環境の中でいかに作戦を行うかが統合軍が直面する最大課題」だと言い切っています。これに続く8月、米帝は中距離核戦力(INF)全廃条約を失効させ、直後に地上発射型巡航ミサイルの発射実験を行い、今年2月には小型核弾頭搭載の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を実戦配備し、沖縄・本土への中距離核ミサイルの配備も計画中とのこと。核先制攻撃も辞さないという構えです。

安倍政権の自衛隊中東派兵は侵略戦争への決定的踏み込み

 そうした最中、安倍政権は全国の反対の声を押し切り、当該自衛官や家族の心配をも押し切って、国会審議もせず、世界で最も軍事的緊張の激しい中東海域に自衛隊(P3C,護衛艦)を派遣しました。絶対に許せないことです。
 政府が言う「調査・研究」は建前にすぎず、状況次第でいつでも自衛隊法に基づく「海上警備行動」へと切り替えることも明言しています。問題はこれにとどまらず、場合によっては15年成立の安保戦争法に基づき、米軍などの他国軍と共同作戦に自衛隊が武器をとって加わる事態すら起こり得るのです。この中東派兵は、これまでの安保政策をも逸脱する侵略戦争への決定的踏込であり、憲法違反にほかなりません。直ちに撤退すべきです。
 政府は「有志連合には加わらない」としていますが、バーレーンにある米中央海軍司令部に幹部自衛官を連絡員として派遣し、情報を共有すると言われており、ある幹部自衛官は「実情は(有志連合に)参加しているようなもの」「そもそも何者が相手になるかわからない任務でもあり、短期間で万全の準備は不可能」と漏らしています。そもそも、戦争を強引に挑発しているのはアメリカ・トランプではないのか!それに与しているのが安倍政権ではないのか!その矢面に立たされているのが現場自衛官なのだ!

大恐慌の激化と日本経済の崩壊

 さらに、「国際的なサプライチェーンの中核」「世界の工場」と言われる中国での新型コロナウイルスの感染者は7万人を超えて世界に広がり、中国では感染対策にあたっていた医師までも死亡し、死者は2200人を超えています。日本ではダイヤモンド・プリンセス号での「水際対策」の失敗が世界から厳しく批判される中、感染が全国各地に広がり、感染経路も不明瞭なまま、ついに死者もでてしまいました。街のクリニックでは新型コロナウイルスのウイルス検査ができず、患者の検査希望を断るケースが相次ぎ、各地でのイベントの中止やホテル・旅館のキャンセル、学校の臨時休校なども相次いでいます。大手企業は「テレワーク」を推奨していますが、それで済む労働現場ばかりではありません!
 また、消費増税強行のあおりで19年10~12月期の実質GDPは前期比1.6%減、年率換算で6.3%の大幅マイナスとなり、東日本大震災の時(年率5.5%減)を越える規模です。これに新型コロナウイルス感染の影響が重なり20年1月~3月期のマイナス幅が更に膨らむのは必至です。事実、2月7日、日本製鉄が20年3月期の連結最終損益が4400億円の大赤字の見通しを発表し、同時に、呉製鉄所(広島県呉市)は高炉の休止から閉鎖することが明らかとなり、和歌山製鉄所の高炉も2基のうち1基を休止することを発表しました。自動車業界も同様の事態であり「リーマンショックが起こった直後の09年以来の景気停滞に転じる恐れがある」とも言われています。給料など全然上がっていない労働者の生活破壊や地域経済破壊の規模は尋常ではないと思います。

戦場で殺し殺されるか、感染で殺されるか、職場で殺されるか!
改憲を狙う安倍政権を今こそ労働者民衆・兵士の団結で打倒しよう!

 「景気は緩やかに回復しつつある」等と嘘ぶいてきた安倍は、国会でも桜疑惑等でウソをつき、暴言をはき、黒川検事長の定年延長問題で居直り、原発再稼働を押しすすめ、辺野古新基地建設をゴリ押しし、「感染拡大の非常事態」をも利用して、あくまでも改憲を狙っています。とんでもないことです!
 当然にも安倍政権に対する怒りの声が全国で噴出し、支持率が急落してグラグラとなっています。しかし、体制を守ろうとすればするほど、どれだけ絶望的であろうと労働組合を解体し、労働者民衆・兵士を犠牲にして9条改憲で戦争のできる国へと大転換する以外に、資本主義・新自由主義の日本に延命の道はありません。
 問題は、あらゆるしわ寄せが現場労働者や現場自衛官に押し付けられているという現実です。「戦場で殺し殺されるか、感染で殺されるか、職場で殺されるか」こうした事がリアルに突きつけられています。「ふざけるな!あんな連中の為に殺されてたまるか!」という根底的怒りが全国で沸騰し爆発しつつあります。中東派兵を強行し、ウソと詭弁で延命を策し、あくまで改憲を狙う安倍政権を今こそ労働者民衆・兵士の団結で打倒すべき時です。池田元3等空曹の国賠控訴審の闘いも始まっています。国際連帯のもと関西生コン労組に対する許しがたい弾圧を打ち砕き、階級的労働運動、戦争・改憲阻止大行進運動を断固押し進めましょう!
 (※コロナウイルス関連の記述は、2月25日現在です)

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=* “会報 第53号” の続きを読む

会報 第52号

Rise 第52号 2020年1月10日発行 rise0052.PDF

池田裁判不当判決弾劾! 控訴審勝利へ!

香港デモの全土化と中国スターリン主義の危機

 

(写真 オスプレイ暫定配備反対! 2019・12・1県民集会 木更津市で、県内の労働組合、市民団体ら2千名が集まった)

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=* “会報 第52号” の続きを読む

会報 第51号

Rise 第51号 2018年10月10日発行

アメリカ帝国主義の対中国軍事戦略

改憲・戦争を止めよう!

安倍を倒そう!

       

写真上:2014年の「リムパック」。各国から参加した艦艇や潜水艦を率いる米海軍の空母「レーガン」
写真下:「日本にオスプレイはいらない!」。陸自木更津駐屯地で米海兵隊のオスプレイを機体整備。日米でオスプレイが計画どおり日本に配備されれば、いずれ51機が整備で木更津に飛来する

【I】 国境を超えた労働者階級の国際連帯で プロレタリア革命へ

滝山

 安倍政権の凶暴性は脆さの現れ

 戦後最大の階級決戦に突入した。9ー10月改憲決戦から11・4、2019年統一地方選、改憲・天皇代替わり、参院選の全過程が戦後最大の階級決戦である。改憲・戦争への安倍政権の突進は日帝の脆さ、脆弱性の現れである。総裁選の結果は安倍圧勝とはならず政権の脆さを晒した。自民党支持者からも安倍は「信頼できない」として拒否された。改憲・戦争に向け突進すればするほど、そのすべての過程と凶暴性が安倍政権の脆弱性に転化する。安倍は盤石な体制で突進できていない。 “会報 第51号” の続きを読む

会報 第50号

Rise 第50号 2018年8月10日発行

  

改憲・戦争阻止!

イラク派兵で負傷-池田・自衛隊裁判の勝利へ、共に闘おう!

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

投稿

9条改憲・戦争絶対阻止!

池田自衛隊裁判に勝利しよう

元自衛官・東京西部ユニオン 杉橋幸雄

はじめに

 イラク派兵で重傷を負い、国・自衛隊の安全配慮義務違反、治療妨害、パワハラ・退職強要と闘う池田元3等空曹の国家賠償請求訴訟は、9条改憲をめぐる激しい階級激突の真っただ中で、予定される公判再開に向かって大詰めを迎えています。
 弁護団は未だ開示されていないイラク派兵に関する「空自日報」の開示請求や、池田さんに対するパワハラを立証する「警務隊記録」の文書提出命令を求めて闘い抜いています。そうしたさなか、去る7月11日、池田国賠裁判勝利に向けた学習会が行われ参加してきました。 “会報 第50号” の続きを読む

会報 第49号

Rise 第49号 2018年06月10日発行 Rise0049,PDF

「ナチス・ファシスト 安倍打倒!

米朝共同声明は破綻する

帝国主義戦争情勢下のボリシェヴィキの反軍闘争(下)

(写真 1917年ロシア革命に武装して決起した労働者とレーニン)

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=* “会報 第49号” の続きを読む

会報 第48号

Rise 第48号 2018年04月10日発行 rise0048.PDF

世界核戦争情勢を革命に!

南北・米朝会談は戦争への道

  

(写真上:1917年10月25日、蜂起開始!軍事革命委員会から攻撃命令を待つ赤軍の兵士、写真下:1917年、赤の広場を進軍するボリシェヴィキ兵士)

森友・加計疑獄の核心 求められているのはプロレタリア革命

滝山

佐川証言の破綻

怒り心頭、怒髪天を衝く!

 佐川の国会喚問での証言拒否が、55回。安倍・麻生、昭恵の関与・指示に関しては、きっぱりと否定し、開き直った。14文書、300ヶ所に及ぶ公文書改ざんに関しては「財務局の中だけでやった」と言明しながら、改ざんに関わる証言に関しては「訴追される恐れがある」という口実で逃げ切り、森友疑獄の真実に関しては、ことごとく証言拒否を繰り返した。自殺者の「告発」を受けながら、安倍政権に都合の悪いことは、すべて「証言拒否」で逃げ切り、佐川は安倍政権のしもべであることに徹した。
 安倍も、「佐川証言に関しては「コメントしないというのが政府の立場」とどこまでも開き直り、。「佐川証言をどう受け止めるかは国民の判断」と、労働者階級人民をなめ切った態度に終始した。
 だが安倍は己の首を、万力でギリギリと閉めつけている。労働者階級人民の怒りに心底から恐怖しているのが安倍である。だからこそ徹頭徹尾、開き直るしか手段はないのである。 “会報 第48号” の続きを読む

会報 第47号

Rise 第47号 2018年02月10日発行  Rise0047.PDF

朝鮮戦争-世界核戦争絶対阻止

国境を越えた労働者の国際連帯で戦争を革命に!

天皇制を打倒し改憲・戦争の安倍を倒そう

     

(写真 リムパック・環太平洋合同演習、空母「レーガン」と各国の艦隊)

朝鮮戦争は核戦争

国際連帯で 戦争を革命に!

滝山

侵略戦争か 革命戦争か

 人類は今、世界史的な分岐と歴史選択のときに直面している。世界核戦争を許し三度、人類を地獄の惨禍のなかに叩き込むことを許すのか、それともその戦争を世界プロレタリア革命に転化し、人類の新たな未来を切り開くのかという歴史的な選択である。
 言い換えれば戦争と人民虐殺によってしか延命できない帝国主義ブルジョアジーと、革命で全人民の人間的未来を獲得しようとするプロレタリアートの「階級戦争」の選択だ。
 さらに言えば、1%の利益のための「帝国主義侵略戦争」か、99%の労働者階級民衆が自己解放的に生きるための「プロレタリア革命」かのいずれの側に身を置くかという世界史的選択である。侵略のための不正義の戦争か、革命のための正義の戦争か、この選択は兵士・自衛官も例外ではない。むしろこの選択は、兵士・自衛官にこそ問われている。 “会報 第47号” の続きを読む

会報 第46号

Rise 第46号 2017年03月10日発行 rise46.PDF  

軍隊の革命化へ・Ⅱ

ロシア革命から100年 労働者の国際連帯で

プロレタリア世界革命へ

戦争と革命の急接近情勢

ゼネストと兵士の獲得で軍隊の革命化へ

滝山

1917年2月革命と労働者・兵士の結合

 1917年に入るとペトログラードでは1月9日の「血の日曜日」記念日に大規模なストライキが打たれた。
 ロシア革命は、レーニン・ボリシェヴィキの軍隊工作で兵士が労働者のゼネストに合流することで比較的「流血」の少ない勝利を勝ち取っている。
 2月革命の特徴は、大量の部隊が蜂起した労働者の側に移行したことである。プロレタリアートと兵士部隊という二大勢力が一つの力になったことでツアーリの専制政治を打倒できた。要するにツアーリには専制政治を防衛する決定的瞬間に「信頼に足りる軍隊(国家暴力)」を持ち得ていなかったということだ。
 ロシアのプロレタリアートとボリシェヴィキは、1905年―07年革命の時には、労働者と軍隊がバリケードを挟んで激しく対立していた。だが05年の第一次革命の敗北の経験をもとに、軍隊への意識的・計画的な工作を強化した。兵士の獲得という地道な闘いを忍耐強く推し進めた結果、大量の兵士・部隊がプロレタリア革命を担ったのである。そしてここに至る全過程は、同時に権力のボリシェヴィキに対する組織破壊攻撃との闘いでもあった。
 2月革命は、帝国主義戦争という情勢の中で起きた。2~3月の全過程で革命の指導的役割を果たしたのは、第一次ロシア革命と同じくプロレタリアートである。ペトログラード労働者の政治的ゼネストが革命の合図となった。1917年初めは、ロシア全体の革命運動がこのペトログラード労働者と軍隊の態度に規定されていた。ペトログラード郊外に配置されていた26万の軍隊の内、20万の兵士と40万の武器をほとんど持たない労働者が肩を並べて立っていた。ペトログラードは特別軍管区に分割され、司令官はツアーリ本営直属であった。1916年末には親衛連隊と歩兵連隊のかなりの部隊がペトログラードのプロレタリア区に意識的に配備され、首都の革命運動を圧殺する詳細な計画を練り上げていた。
 これに対決する形でロシア社会民主労働党中央委員会ロシア局は、首都守備隊各隊の軍隊内活動の強化に万策を講じ、ボリシェヴィキ組織の力を注ぎ込んだ。兵営内の兵士との直接の接触を確立するするために、労働者と兵士との交流、街頭で出会ったときの交歓、要するに兵士を労働者階級人民の側に引き寄せるためにできることは、可能な限り何でもした。一方、ボリシェヴィキは労働者に対しては、武器を入手するため、軍人仲間との連絡を利用することを勧告している。 “会報 第46号” の続きを読む

会報 第45号

2017年01月10日発行  第45号 会報45号.pdf

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

ロシア革命から100年

ゼネストと兵士の組織化で

軍隊の革命化へ

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

2017年 革命の扉は開いた

ボリシェヴィキの反軍活動

滝山

開始された隊内反乱

安保関連法制の強行成立、南スーダンPKOの駆け付け警護任務付与、そして朝鮮戦争の切迫情勢下、日帝・安倍政権は戦争と改憲に突進している。 “会報 第45号” の続きを読む

会報 第44号

2016年11月10日発行 第44号 会報44号。PDF

=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*

朝鮮戦争を絶対 阻止しよう!

南スーダンPKO即時 撤退!

p0044_01_01a

(写真 パク・クネ政権を崩壊に追いこんだ韓国民主労組の20万ゼネスト。鉄道労組の無期限ゼネストと国際共同行動がパク完全打倒へ、労働法制改悪阻止へ、朝鮮戦争・東アジア―世界核戦争阻止へ、そしてプロレタリア世界革命に向けゼネストがうなりをあげて継続・拡大している。写真は今も無期限ゼネストを闘う鉄道労組の労働者) “会報 第44号” の続きを読む