会報 第4号

第4号 2009年11月10日発行

no04

発行:労働者兵士行動委員会
URL: http:// www.h6.dion.ne.jp/~no-hahei  mail : kazokutomotoji@r9.dion.ne.jp
〒105-0004 東京都港区新橋2-8-16 石田ビル4階  tel:090-1597-7425
[郵便振替]00930-2-226024 労働者兵士行動委員会  年会費:2000円 会員外年間定期購読料:1200円

国鉄1047名解雇撤回闘争を基軸に、民主党・連合政権打倒に突き進もう!

世界大恐慌の一層の深化、自民党支配の歴史的崩壊、民主党・連合政権の登場の下で11・1全国労働者集会は、国鉄1047名解雇撤回を基軸に、生きさせろ・派遣法撤廃!道州制=360万人首切りを許すな!をかかげ、全国・全世界の闘う労働者・労働組合5850人が総決起する国際連帯の一大闘争として勝ち取られました。資本、体制内勢力と徹底非妥協で闘い、自らの職場と地域で階級的原則をあくまで貫くことを通して勝ち取った地平です。韓国・アメリカをはじめ世界各地に動労千葉派=11月集会派の国際連帯・階級的団結が力強く広がりつつあることをしっかりと確認したいと思います。
8・30、労働者人民の積年の怒りの爆発は自民党支配をついに打ち倒しました。代わって登場した鳩山政権は、社民党をも取り込んだ民主党・連合の結託政権です。彼らは、この自民党支配を打ち倒した労働者人民の怒りのほこ先が、自分たちに向かって来ることを抑え込もうと必死になっています。けれども「緊密で対等な日米関係」「東アジア共同体」構想、「地域主権国家」「徹底的にムダをはぶく」と言っているように、その幻想性・反人民性が現場労働者の怒りの決起をとおして確実に暴かれつつあります。社保庁労働者1000人の首切り攻撃や、JAL再建をめぐる1万3000人首切りに見られるように、結局は資本の救済と延命のために労働者を犠牲にしています。そのどこに「国民生活第一」があるのか!
そもそも首相の鳩山や民主党幹事長小沢は、自民党議員として国鉄分割・民営化を強行した張本人ではないか!政権に入った連合幹部たちは、国鉄分割・民営化を推進し、国鉄労働運動を背後から襲撃した連中ではないか!こういう連中に「光明をみいだし」「政治解決」
をお願いする4者4団体=体制内派勢力に労働者・兵士の未来など有る訳がありません!
国鉄1047名解雇撤回をあくまでも原則的に貫き、労働者の階級的団結を勝ち取ってきたこと、ここに勝利の核心があります。ここに11・1労働者集会の切り開いた地平の核心があります。道州制=民営化=360万人首切り粉砕、民主党・連合結託政権を打倒しよう!団結し、共に闘おう!今秋ー来春、職場.生産点から連合の「ベアゼロ」方針をぶち破り、闘う労働組合を蘇らせ「生きさせろゼネスト!」をぶち抜こう!!(杉橋)

————————————————

活動報告

10.11三里塚闘争

今回、初めて三里塚闘争に参加しました。集会場、東峰の畑にたどり着くまでの長い道のりは、先の見えない高い塀に囲まれていて、まるで迷路のよう。ひっきりなしに行き来する飛行機は、手が届きそうなほど近く、沖縄の米軍基地を思わせる異様な光景でした。
東峰の畑の横にはかつて東峰の森があり、東側誘導路建設のために破壊されたと聞き、怒りと悲しみが混ざった何とも言えない気持ちになりました。農地法を改悪して、国の都合の良いように農家の命である大切な農地を奪い取ってゆく。三里塚の現場では、これが堂々と行われているということに怒りを感じました。暫定滑走路の延伸、第3誘導路の建設など次々にかけられてくる攻撃に市東さんたち反対同盟は、農地を守り、軍事空港をつくらせない闘いを43年間も続けてきている。そして、30年前には完成しているはずの成田空港は今だ未完成の状態。闘いの大きさを実感しました。
集会には全国から1780人が集まりました。市東さんからは「これだけ航空需要が下がり続けている中で、大型機を飛ばす必要はまったくない。年間30万回、24時間空港化を掲げていますが、その先にあるのは軍事空港です。親父は土地収用法と闘いましたが、私は農地法と闘います。これからもみなさんとともに廃港まで闘います。」事務局長の北原さんからは「成田空港建設は、最初から法律を守っていない。地域住民に説明会なりを開くという手続きも一切なく閣議決定した。法的手続きを一切省略して力ずくで進めてきた。その結果、当初の計画では30年前に3本の滑走路ができなくてはならなかったものが、現在になっても1本半しかできていない。なぜできないのか。人民大衆の国家への怒りがこの空港を包囲しているからです。有事の際には米軍50万人が飛来し、この成田空港を拠点にすると言っている。二度と戦争を許さないためにこのような軍事空港を認めることはできない。これからの若い労働者・学生の未来のために責任を持って闘いましょう。」事務局次長の萩原さんからは「1本の滑走路に3本もの誘導路を造ろうなんて、こんな空港はありません。市東さんの家の脇に第3誘導路を造ろうとしている。そして飛行回数20万回を30万回に引き上げようとしている。その狙いは市東さんをたたき出すこと、そして東峰部落をなくすこと。大型機を飛ばし『お前ら、まだここで生活していくのか』と迫ってくる。これを打ち返さなくてはならない。今闘わずしていつ闘うのか!」と反対同盟の方々の力強い決意の発言が心に響きました。また、三里塚と連帯して闘ってきた動労千葉の田中委員長からも、「国家権力と対峙し、43年間も空港建設反対、戦争反対を掲げて拠点を守り抜く闘いは三里塚以外にない。三里塚と連帯して闘うことは、労働組合を甦らせ、労働者が社会の主人公として登場できるかどうかをかけた、われわれ自身の闘争でもあった。」と発言、他ともに闘ってきた方々からの発言が続きました。
この三里塚の43年間の闘いは、連帯して闘ってきた労働者、学生、農民が、自分たちの闘いとして続けているということがわかり、団結のちからの大きさを感じました。今まで紙面でしか知らなかった三里塚を遠い存在として感じていましたが、今回参加したことで、労働者、農民にかけられている攻撃は同じで、許せない。自分たちの闘いなんだと感じることができました。畑の間をデモしていると、根強く活き活きと育っている野菜達がわたしたちを歓迎してくれているように見えました。これからも団結し、ともに闘っていきます。(京都会員・岡部)

—————————————————–

11.1全国労働者総決起集会 ~全国.全世界から 5850名が決起!~

 11月1日の日曜日、「11・1全国労働者総決起集会」に参加しました。前日まで東京は非常によく晴れ渡っていたのですが、当日は、全国的に天候が不安定で、東京も雨が降るかどうかという天候でした。しかし皆さんの日頃の行いが良いのか?雨は降りませんでした。会場の日比谷野音には、日本全国から5850名の労働者が結集しました。また、韓国・アメリカ・ブラジル・ドイツ、そして日本国内で闘う滞日・在日外国人も多数結集し、本当に動労千葉ら3労組を軸とした国際連帯の絆の強さをビンビンと感じる雰囲気でした。私たち労働者兵士行動委員会も、関西・関東を中心として全国から多くの仲間が参加しました。
集会では、動労千葉・全日建関西地区生コン支部がそれぞれアピールを発しました。
動労千葉の長田敏之書記長は、「労働運動の針路を巡って世界中で激しい衝突が起きている、一方にあるのは、『仕方のない現実だ』と言って、政府・行政や資本と関わることの中にしか展望はないと変質を深めていく思想と運動です。もう一方にあるのは、『団結した労働者の闘いは社会を変革し、歴史をつくる力を持っている』という確信に裏打ちされた階級的労働運動の思想と運動です」「労働組合のあり方を変革しない限り、何も変わらない」「国鉄1047名闘争を先頭に、民営化・労組破壊と、改憲・戦争に立ち向かうすべての労働者の怒りの声を結集しよう」と訴えました。
今年の集会は、昨年にもまして国際連帯の広がりを感じさせる集会でした。韓国民主労総は、なんと総勢45名が登壇。ソウル地域本部のチェ・ジョンジン本部長は、「労働者階級の団結と闘いだけが資本の搾取と暴力を終わらせることができる」と確信をもって断言しました。民主労総は、公共部門でのゼネストを準備しているということです。
アメリカからはILWU(国際港湾倉庫労組)ローカル10のアンソニー・レヴィージさんが「08年のメーデーで全港湾を封鎖したILWUのストライキに誇りを持っている」と発言しました。
UTLA(ロサンゼルス統一教組)のセシリー・マイアート・クルズさんは、教育の民営化の実態を暴露し、日本の教育労働者の日の丸・君が代拒否闘争との固い連帯を表明しました。
 ブラジル・コンルータス(全国闘争連盟)のファビオ・ボスコさんは、「すべての搾取と抑圧を終わらせる社会主義社会に向かって前進しよう」と力強く訴えました。
今年の全国集会は、国鉄1047名の解雇撤回がメインスローガンでした。全国の職場で解雇・賃下げの嵐が吹き荒れ、とりわけ青年労働者が職場から住む家から叩き出されているいま、23年間、国鉄分割・民営化に反対し、解雇撤回を貫く国鉄1047名闘争が光り輝く時を迎えています。
「政治決着」と称して闘いの方向性をねじ曲げるあらゆる勢力と対決し、国鉄1047名闘争こそが階級闘争の司令塔になるべきときです。
集会では、北海道、秋田、九州の闘争団員がJR体制を打倒する不屈の決意を表明しました。
目標としていた一万名には届きませんでしたが、街頭宣伝で圧倒的な賛同が得られました。とくに中央街宣などで元自衛官との交流がいくつもあったことは、大きな成果です。来年に向かって、職場で街頭でさらに闘いましょう。(東京三多摩会員・加納)
(写真 演壇に上がった民主労総の仲間)
(写真 集会の様子)

—————————————————

イラク・アフガン・パキスタン

侵略戦争の泥沼化とオバマ・鳩山政権の危機 東京会員緒形

09年11月集会の革命的地平

 09年11・1集会は昨年を上回る5850人の日比谷野音を満杯にする結集で大成功した。
4大産別や民間から、何年間にもわたる職場での粘り強い闘いによって団結を形成し、職場支配権を確立して、多くの組合が結集し、登壇し「大失業と戦争の危機を革命に転化する」「民主党・連合政権打倒」をアピールした。
09年、4・4派打倒!国鉄1047名解雇撤回!の階級的労働運動の旗幟を鮮明にしたことは決定的であったのだ。韓国、アメリカ、ブラジル、ドイツからの代表が結集し、各国の代表がそれぞれプロレタリア革命を実現する労働運動を熱烈に訴えた。
民営化絶対反対と帝国主義戦争反対の国際的団結が動労千葉を軸にしてさらに発展した。われわれは11月集会の成功で圧倒的な確信を新たにしている。革共同の「綱領草案」に圧倒的に確信している。民営化絶対反対で長期に固く団結を維持発展させている動労千葉や43年間「農地死守・一切の話し合い拒否」「労農連帯」「軍事空港粉砕」で闘う三里塚に、そして革共同に、全世界の闘う労働者階級が引きつけられているのだ。
この党と階級的労働組合の力が、連合による労働組合の産業報国会化を阻止し、イラク派兵と「駆けつけ警護」策動にもかかわらず、結局、戦争のできる軍隊への自衛隊の「飛躍」をいまだに阻止している核心である。日帝は労働者階級の革命的魂を圧殺しきれず、戦争と大恐慌に突入してしまったのだ。日帝の現実は、労働者支配で決定的に破綻し、普天間問題で、東アジア共同体構想で、アフガン派兵でどうにもならないほど行き詰まり絶望的に破綻しているのだ。階級的労働組合を組織し、日帝の破綻を拡大し、日帝を打倒に追い込こもう!
1905年と1917年ロシア革命の経験、1918年ドイツ革命の経験は、階級的労働組合建設こそ革命勝利の源泉であることを教えている。プロレタリア革命の基盤をなす労働組合を組織する活動を一層強化していこう!第二・第三の動労千葉を建設しよう!

 (2)戦争・大失業の攻撃強める民主党・連合政権を打倒しよう

民主党政権は、大恐慌が始まり大失業と帝国主義の体制的危機が激化し、帝国主義が争闘戦と世界戦争へ突進する中で、日本帝国主義の絶望的危機と自民党政治支配のどうにもならなくなった破綻の中から生まれ出た政権だ。戦争と民営化の極限的激化にたいする労働者階級の怒りによって押し上げられた政権であり、まさに「噴火山上」に立つ危機的政権だ。
民主党・連合政権は、長きにわたる自民党政権のもとで破綻した日帝の安保・防衛政策に替わる、「独自の世界戦略」を展開する以外ない政権だ。アジアの帝国主義的勢力圏化それが「対等な日米同盟」と「東アジア共同体」のスローガンだ。日帝はどんなに絶望的で破綻的であってもここに踏み出すしかないのだ。
だが日帝同様に絶望的危機にあえぐ米帝オバマ政権は、そのような日帝の対抗を1mmも許す余裕はない。アーミテージは、日米同盟は米軍兵士が血を流して維持されてきたのだと激しく恫喝し、日帝の決定的弱点を突き出している。来日したゲーツも「辺野古移設以外ない」(ぐずぐず言うなら)「海兵隊のグアム移転はない」「アフガンに軍隊を出せない日本は徹底的に財政支援しろ」と「対抗するなら打倒するぞ」という米帝の態度を鮮明にした。しかし鳩山はなおも「思いやり予算見直し」をあえて打ち出し、11・8沖縄県民大会の怒りを利用し、かつ「県外移設」の県民の意思を踏みにじりペテンにかけるタイミングを謀り、対米対抗的な策動を継続している。
結局のところ小沢ー鳩山民主党・連合政権は、動労千葉と国鉄1047名を叩き潰し、道州制と360万首切りの一大反革命を強行し戦前の「滅私奉公」の「友愛」社会に立ち帰る以外にない。
現在連合の中で労働者的感覚から言えば信じ難い過程が進行している。それは連合の階級支配が貫徹せず民主党政権の「公務員人件費2割削減」でさらに決定的危機に陥っているからだ。この連合の「路線」的危機にJR総連松崎が「対案戦略」をもって介入し、「欲しがりません勝つまでは」の産業報国会イデオロギ―に、革命党と階級的労働組合を壊滅させることをもって染め上げようとしているのだ。ここにしか帝国主義的延命も絶望的軍事的「飛躍」もないからだ。決戦到来だ!帝国主義打倒の階級的労働運動か資本主義救済運動か、労働者階級にとって路線選択は鮮明だ!マルクス主義で党派党争に勝利し、職場細胞建設と拠点職場建設に前進しよう!

 (3)アフガニスタン侵略戦争の敗勢と米帝危機

オバマ政権は民主党政権が歴史的にそうであったように世界戦争の推進政権だ。保護主義政策を推進し労働組合指導部を取り込み、「核なき世界」でロシア、中国を引き込み、イランと北朝鮮への先制核・戦争攻撃を準備している。しかし肝心のイラク・アフガニスタン侵略戦争で完全に破綻している。
オバマ大統領は、マクリスタル将軍を新司令官に任命し、7月「オバマ新戦略」のもとで南部へルマンド州に4000人の海兵隊を投入したファルージャ掃討戦以来の大作戦に突入した。しかしアフガン全土でタリバンの反撃が爆発し全土が南部戦線化してしまったのだ。7月~9月と米軍兵士の戦死者が過去最高を更新し続け、10月の月間死者はついに59人に達した。
米英独仏伊主要参戦国でアフガン戦争反対・増派反対の世論が過半数を超えた。
8月末にマクリスタル司令官が「新戦略と戦況」報告書を提出した。それは緊急増派の必要と新戦略の完全破産を示すものであった。だが政権内でバイデン副大統領やエマニエル主席補佐官などが増派に反対、パキスタン北西部への空爆作戦の強化を主張し、戦略見直しも増派も決定できない状態に陥っている。現在に至るも戦略見直しも増派方針も発表されていない。
10月に入って、米帝の要求でパキスタン軍28000人が北西部部族地域、南ワジリスタン地区を包囲し、空爆作戦に入った。
10/17には遂に地上掃討作戦に突入した。しかし全土でTTP(パキスタン・タリバン運動)の反撃が始まり、10/10には陸軍司令部が攻め込まれ占拠された。掃討作戦はパキスタンのアフガン化をもたらすものだ。辺境州や部族地域へのパキスタン軍の掃討作戦は過去2度失敗に終わっている。
ムシャラフ前大統領も打倒されている。長期侵略戦争の継続で米軍兵士は疲弊し、30万人のPTSDを生み出している。米軍は解体状態にある。戦争と民営化、民営化した戦争の総決算が米軍の解体状態だ。イラク・アフガンに部隊を送り込んでいる米陸軍最大基地フォートフドで隊内反乱が爆発している。大恐慌と大失業の爆発と戦後革命的状況が一体で進行しているのだ。帰還兵士の闘いとの結合は死活的だ。階級的労働運動の前進にかかっているのだ。
11月集会派の闘いを断固前進させよう!

—————————————————

投稿
東海合同労組の闘いと反軍闘争 東海会員 山崎

 東海合同労組は、階級的労働運動の実践が“生きさせろ!ゼネスト”の闘いとして全国的に爆発するなかで誕生しました。「社会の主人公は労働者だ!」「労働運動の力で革命をやろう!」のスローガンを高々と掲げ、青年労働者がその先頭に立ち08年階級闘争に乗り出したのです。そして、09年春の闘いをへて「国鉄を先頭とする4大産別決戦」を軸に闘う労組への飛躍をかけて11月決戦へと突き進んでいます。
東海合同労組にとって反軍闘争は非常に身近な存在です。それは、東海3県に基地があり08~09年にかけてはPAC3配備反対闘争に取り組んできたからです。そして、この闘いをとおして学んだことは、革命における反軍闘争の位置と階級的労働運動の果たす役割ということでした。
反軍闘争とは、革命へむけて労働者階級と兵士が一体となって突き進む闘いであり、ここでの根本はマルクス主義の核心としての労働者自己解放の闘いです。そして、兵士は労働者階級の一員であり、その自己解放は革命勝利のなかでこそ実現することができる。ロシア革命の教訓は、労働者と兵士が「労兵ソビエト」として結合して勝利することを明らかにしているのです。
だが、これと全く正反対の反動的な「反軍闘争」なるものが出現したのです。それは小多グループが始めた「元自衛官による、自衛官悩みごと相談センター」といううさんくさい運動です。中身は、自衛官とその家族のいじめ・パワハラ・悩みごと等の相談を受けつけるということであり、結論は「自衛官の人権擁護」と「隊内民主化」ということなのです。
ここには、小多グループの思想がよく現れています。本質的には、革命とは無縁な運動であり、具体的には、自衛官の自己解放的決起をことごとく踏みにじることをもって労働者との分断をはかり、自衛官をして帝国主義戦争と侵略戦争の先兵へと突き落とすというものです。
中でも、怒りなくして確認できないのは、次の点です。
ひとつは、自衛官の存在をとことん踏みにじりその誇りを限りなく傷つけていることです。自衛官とは、戦争に動員される哀れな存在であり救済の対象でしかないと描き出しているのです。ふざけるな!ということです。自衛官は断じて救済の対象ではない。自衛官こそ革命の主体であり、労働者と一緒になって革命を勝ちとる存在、そのなかで自らをとり戻す存在としてあるのです。
もうひとつは、自衛官が労働者と団結し革命に決起することを押しとどめ敵対する反革命として登場してきていることです。
小多グループの掲げる「悩みごと相談」とは、自衛官の革命的決起への真っ向からの敵対以外のなにものでもない。革命に対して改良を対置し民主化を要求するものであり、最悪の反動へと転落したということなのです。そして、この根拠は革命への恐怖なのです。
労働者兵士行動委員会の主張は「自衛官との団結は、職場の団結から始まる」です。これこそ、階級的労働運動路線にもとづく反軍闘争の闘いだと確信します。そして今日、労働運動では体制内派との闘いが大党派闘争として展開されていますが、小多グループの存在はまさにこの体制内派と瓜二つといえます。小多グループの敵対を粉砕し反軍闘争の発展を勝ちとりましょう
(写真 2・27各務原岐阜駐屯地での申し入れ行動 「制服を着た労働者=自衛官は帝国主義打倒の労働者のストライキに合流しよう!」と訴えた)

—————————————————-

投稿
自衛隊の募兵活動の強化 (下) 岐部

前号では、現下の大恐慌=大失業が青年層を自衛隊(と米軍)に押しやっている現状の一端を報告しましたが、今号では激しく強化されている自衛隊の募兵活動の現状を報告します。
【自衛隊リクルーターの個別訪問】
自衛隊法施行令第120条には「防衛大臣は自衛隊の募集に関し必要があると認めるときは、都道府県知事又は市町村長にに対し、必要な資料の提供を求めることができる」とある。また「住民基本台帳法」は氏名、生年月日、性別、住所の4項目の閲覧が認めている。
防衛省は全国のほとんどの市町村(広島県福山市などが自衛隊の閲覧を拒否)の住民基本台帳を閲覧してきている。
その一方で特にこの間、募兵活動の一環として18才から26才までの「適齢者名簿」の提供を市町村に強要してきている。その結果、現在全国で2割の市町村がこの適齢者名簿の提供に応じ募兵活動に協力している。この名簿や住民基本台帳の閲覧をもとにダイレクトメールの発送や広報官の個別訪問が実施されている。
一昨年の4月早々、愛知県蒲郡市の中学3年生の自宅に突然、愛知県自衛隊地方協力本部の広報官=リクルーター2名が訪問したのはその一例だ。陸上自衛隊少年工科学校(旧軍における下士官=曹クラスの養成学校)への勧誘のための個別訪問だった。「高卒資格を取れる。衣食住は官費。支給される給与で親への仕送りも出来る」と言う。その上「人のためになる仕事」「大型や大型特殊の免許も取れる」「自衛隊は戦争はしない」「イラクに行ったのは希望したほんの一部の自衛官だ」「希望しなければ行かなくていい」「無事に帰って来たじゃあないか」と詭弁を弄している。
今春高校を卒業し陸上自衛隊に入隊したある労働者兵士は「実は他に就職したい民間企業があったんですが、それがダメで。…正直、いずれ海外の戦地に送られるかもしれないという怖さよりも、どこにも就職できないのが怖かったんですよ」と入隊動機を語っている。「戦場に行くよりも就職できない怖さ」で入隊する。これが青年自衛隊兵士の現実と怒りだ。

【日本版「募兵官活動」=「ハイスクールリクルーター」制度】

03年の有事法制制定と04年の国民保護法施行の中で危機管理や防災の専門家として退職自衛官の採用が全国の地方自治体で急増している。08年12月時点で44都道府県84市町村だ。これだけの地方自治体に軍事のエキスパートを埋め込んだ意味は小さくない。
従来、広報誌への募集案内の掲載などが地方自治法に定めた「国からの法定受託事務」として地方自治体に義務化されていたが、広報(=募兵)のみならず防災訓練、地域行事への参加などでの強制が進行している。
自衛隊のイラク戦争参戦(04年)は、戦時法制の整備と共に広報・募兵活動を一気に強めてきた。なぜなら戦時派兵は兵員確保・募兵の面でも大きな踏み込みであるからだ。一発の砲弾で「戦争をしない自衛隊」神話が一挙に崩壊する段階に入ったのだ。アフガニスタン・イラク戦争下で激化してきた米軍の「募兵官」活動とそれへの反撃の闘いは11月労働者集会などで報告されてきたが、日本版「募兵官活動」とも言うべき「ハイスクールリクルーター」制度が07年度に創設されている。これは高校などの出身現役隊員が広報官と母校に出向き学内での説明会で体験談を語るなど募兵活動をする制度だ。防衛省の08年度版「ハイスクールリクルーター指定者名簿」では全国で650をこえる高校や専門学校の卒業生が登録されている。

【小中高生の体験入隊の急増】

教育法制の改悪の中で、学校への募兵の強化と同時に小学生・中学生・高校生の自衛隊への体験入隊が急増している。「総合学習」「職場体験学習」での体験入隊がそれだ。防衛省広報課によると06年度は1353件で2万1千人、07年度は2087件で3万2千500人。1年間で1万人以上も増えている。
このように青年層を入隊に追いやる大失業の現実と募兵の強化は新たな徴兵そのものだ。
自衛隊に入隊する青年達と入隊予備軍の生徒たちのこの現実は労働者階級の現実そのものだ。解雇は殺人だ。内定取り消しも就職先が無いのも殺人だ。この怒りを階級の怒りとして組織しよう。「革命の軍隊は労働者階級人民である」。「1047名解雇撤回闘争」を軸に職場・学園、街頭で11月への闘いを更に推し進めていこう。
——————————————

掲示板

国際連帯の固い絆(民主労総と三里塚芝山連合空港反対同盟との固い絆)
三里塚現闘会員・海人

10月30日、40人あまりの民主労総の仲間が三里塚現地を訪問し、反対同盟との連帯をいっそう強化しました。
民主労総と反対同盟との交流会は06年から始まって4回目となります。
毎年の交流を通じて、いろいろな意味で強い感動を相互に与えあっていると思います。何よりも自分自身が高揚していくのを実感します。不思議な感じです。人間的闘いの感動は何事にも変えがたい、各人が変革していく一里塚だと思いました。
今回の顔ぶれは労組が中心でした。交流の場で、北原事務局長は自己の第二次世界大戦から戦後における負の歴史を総括し、何としても三里塚闘争43年の歴史的闘いをもって日本社会の変革に人生を捧げたいと発言しました。
萩原事務局次長は、原則的闘いと路線(空港絶対反対・一切の話し合い拒否・徹底非妥協・軍事空港粉砕)の貫徹が43年の闘いを勝利に導いていると訴えました。そしてそこから新たな飛躍が求められていることを強調しました。また、市東孝雄さん、鈴木謙太郎さん、宮本麻子さんは、民主党・連合政権による現在の市東さんへの農地強奪に対して、絶対反対で自分の人生をかけると発言しました。

民主労総の各労働者は、反対同盟の二世代にわたる闘いと現地調査を通じて、現在の成田空港の欠陥性(ぶざまな姿)を目の当たりにして、非常な感動をおぼえたと同時に韓国で自己の闘いを開始せずにはいられないと思ったに違いありません。
三里塚闘争の偉大性は、反対同盟の原則的闘いと動労千葉の闘いを通じて、党ー労働者階級ー人民大衆による労農連帯の闘いから労農同盟への強固な階級闘争へと貫かれています。
民主労総は70万強を擁する労働組合組織です。それを指導するのは容易な事ではないと思います。何よりも闘いの路線の一致を獲得するには、議論に議論を重ねていかなければならないし、指導部がしっかりしていなければ話になりません。しかし、この中から必ず活動家が生まれ、強固な党が結成されていくでしょう。なぜなら、その様子は、今回の双龍自動車労組の決死的闘いの総括にきちっと表明されていると思うからです。即ち「闘いは道半ばだけど、団結を守ってすべての労組がこの闘いに決起されるように組織を強化することだ」と!
我々(革共同)も、青年・学生同志を先頭に階級的組織化が開始されています。次世代(革命)を担う共産主義者が次々と生まれています。喜ばしい限りです。革命運動は一にも二にも労働者階級、階層人民の組織化です。同時に団結の強化です。組織!組織!また組織!です。
自分も、今在る三里塚で何としても日本革命を達成する、その上であらゆる闘争と連帯し、学びながら、革命的精神を発揚したいと思います。

会報  第3号

Rise 第3号 2009年9月10日発行

No03

職場の仲間といざ、11月集会へ!!

今、あらゆるマスコミは、衆院選での民主党圧勝による政権交代を取り上げ、連日賑わせている。
自民党は3分の1余りに激減し、歴史的な惨敗となった。弱者切り捨てを勧めてきた自民党への当然の報いである。
今回の選挙結果は、労働者に社会を変える力があることを示すものでもあった。
しかし、民主党政権になったからと言って、この社会がよくなるとは到底思えない。
朝日新聞(9/2付)の全国世論調査によると、「新政権に期待」が74%、「政治変えられぬ」が46%である。この結果からも、多くの民衆が期待は持ちつつも、無理であることに気づいている。
7月の失業率は、過去最高の5.7%であり、359万人が生きていくための職につけない状況である。全世界的にも失業率が増え続けている。
それに伴い、今年上半期の自殺者は、すでに一万七千人を超した。この11年間、日本の自殺者は年間3万人を超している。労働者がこのまま資本家の生き残りのために殺され続けてはならない。
新自由主義による労働者への攻撃は、ますますひどくなる一方だ。
民主党政権に幻想を抱いていても、根本的にこの社会を変えないかぎり何も変わらない。
今年7月には、ILWUローカル10、34などの呼びかけによる、サンフランシスコ国際労働者会議が開催され、動労千葉の田中委員長をはじめとする代表団が参加した。会議には、アメリカ、日本、韓国、トルコ、ブラジル、フィリピン、イタリアという7ヵ国からの労組活動家が参加し、大恐慌情勢のもとで、階級的労働運動をいかに復権するかを巡り、熱い討論が行われたと報告されている。
この社会を労働者の手に取り戻すためには、世界の労働者・民衆とが団結して闘うことが必須だ。
1929年、資本・権力は、大恐慌を乗り切るために戦争へと突き進ませた歴史がある。今、私たちは戦争か革命かの選択の岐路にたたされている。
43年間、不屈の三里塚闘争も現情勢下で重要な位置にある。
戦争と民営化・労組破壊に立ち向かうためにも多くの職場の仲間とともに10.11三里塚全国集会そして、11.1全国労働者総決起集会へ結集しよう!(事務局 三尾)
**************************
全国労働者総決起集会 要項
日時:11月1日(日)正午
場所:東京・日比谷野外音楽堂
呼びかけ
・全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部
・全国金属機械労働組合・港合同
・国鉄千葉動力車労働組合
—————————————–

活動報告(7月~8月)

 7・25東京青年労働者集会

「解雇撤回!民営化絶対反対!7・25東京青年労働者集会」が7月25日東京・杉並で開催され、東京各地から160人が結集し大成功した。
集会は、日逓中野営業所の非正規職大量解雇に対して、解雇撤回闘争に起ちあがった青年労働者K君を先頭に、全国労組交流センター全逓労働者部会、東京労組交流センター、一般合同労組東京西部ユニオンの呼びかけで開催された。
最初に闘いの報告に起ったK君は、会社と一体で労働者の決起を潰しにかかる御用組合執行部・分会長を徹底弾劾し「11月へ職場の仲間の決起を作り出す」と断固とした決意を述べた。
基調提起にたった全逓の青年労働者は「民営化絶対反対の闘いは、産別を越えた2千万青年労働者の闘いだ。現状を変える力は、労働者の団結した闘いの中にこそ有る。今こそ闘う労働組合を取り戻そう。労働者の党を作ろう!11月1万人結集を絶対に実現しよう!」との力強い提起を行なった。
これを受けて福祉労働者連帯ユニオンの青年労働者、医療福祉の青年労働者、東交の青年労働者東京西部ユニオン、精研労組の仲間たちがこの間の職場闘争の報告と11月に向った熱い決意を語った。
全学連からは法大決戦のアピールが発せられた。最後に、決死の闘いの渦中にある双龍自動車労組と連帯する決議を満場一致で採択し、団結ガンバローで締めくくった。(杉橋)
(写真 11月集会に向けて「団結ガンバロー」)

7・29道州制反対! 青年労働者集会

7月29日、大阪市中之島中央公会堂において、「道州制絶対反対! 青年労働者集会」が開催された。5人の自治体や民間の青年労働者が呼びかけた今集会には、青年労働者を中心に125人が結集した。
基調報告では、「労働者階級の団結が一切を決める革命情勢が到来している。資本家どもの最後の延命策は道州制しかない。すべてを決めるのは労働組合をめぐる攻防だ」と参加者に投げかけられた。
各報告の中で、司会の奈良市従の女性労働者からは「3・6府庁前行動での豊中市職女性部の闘いが自分を変えるきっかけとなった。今回、組合執行部が呼びかけ人の肩書き問題で呼び出され、机をガンガン叩き恫喝してきたが、自分は一歩も譲らなかった」と活き活きと語られた。
今回の自由討論では、僕自身の立場からも発言をした。「現在、組合執行部をしているが、闘う労組を築けていない。その中には、自分が先頭に立ちきれないという弱さもある。組合役員になり役割も増え、逆に動けなくなってきた」ことなど現状を報告した。
参加者からは、「分岐を恐れずに、絶対反対で闘うことだ」最近顔を見る青年労働者は「ここの人たちは”絶対反対 絶対反対”と言っているけど、みんな悩みながらやっているというのがわかり、ここに集まっている人たちは信頼できると思いました」などの発言が続いた。
今回、初めて参加した職場労組執行部の仲間は、「私には難しかったです」と後日感想を語ってくれたが、ともに起ちあがってくれる仲間を職場にも作っていきたい。
集会決議では、「11月集会への1万人決起と法大暴処法弾圧の粉砕!」がみんなの拍手で採択された。 (三尾)
(写真 基調報告を確認しながら聞く集会参加者)

7・19関空闘争

抜けるような青空。泉州現地に地元の住民・労働者60名はじめ275名(昨年より5割増)が結集した。林立する四大産別などの旗と幟。動労千葉と三里塚現闘本部のそれらが一際目を引く。全学連旗も大きくはためく。どの顔も清々しい。
【戦争・改憲と民営化・労組破壊】との対決の下【道州制・民営化・労組破壊】攻撃との闘いが前進している。基調報告に立った泉州住民の会国賀事務局長は単独主催に至った経過報告をした後「今こそ闘う時だ」「闘って勝てる方針は【道州制粉砕!橋下打倒!】(7月25日、橋下と日本経団連御手洗が道州制推進で一致)にある。闘う部隊は住民と労働者だ。団結した力で無限の力を発揮しよう」と述べた。拍手が鳴り止まない。基調報告は圧倒的に支持された。
「住民の会の私たちも労働者だ。労働者として共に道州制を粉砕する。軍事空港化を許さない」「労働者の分断を許さない。この泉佐野が革命の火種を作っていく」「11月に万余の決起を作り出そう」等々。これら地元の諸発言にある労働者魂と「動労千葉反対!」や「労働者の思い上がり反対!」の主張が両立する筈がない。「空港絶対反対.農地死守.労農連帯」の三里塚闘争へのこの分断破壊策動にこそ労働者と農民への根底的な蔑視がある。これをどうして許せようか。この怒りが泉州住民の会単独主催での「真に闘う関空闘争」を実現させたのだ。
大きな拍手の中、発言に立った動労千葉の滝口さんは開口一番「泉州住民の会の声明を支持します」と厳然と述べ「三里塚と動労千葉は車の両輪」「動労千葉はこの現状を克服するために全力を尽くす」とその決意を鮮明に表明した。
動労千葉解体に与みし、労働者や労働者兵士への不信と蔑視を組織する「自衛官悩み事相談センター」=自衛官救済運動からは団結は生まれない。
新生「労働者兵士行動委員会」は「Rise自衛官との団結は職場の団結から始まる」の幟を7・5三里塚(前号で報告)と関空に断固として立てた。
現下の1047名解雇撤回闘争=動労千葉労働運動の原点である「絶対反対」こそ、動労千葉が三里塚の闘いで掴んだものだ。
階級的不正義への絶対反対とそこでの団結が動労千葉の分離独立とその後の激闘を勝利し続け、今や世界の階級的労働運動を牽引している。
労農連帯の国際的展望も眼前にある。四大産別・国鉄決戦を切っ先に職場生産点で勝負し、動労千葉派=11月派の強力な前進を作り出していこう。 11月1万人大結集で労働者兵士との対決・合流の展望を闘い取ろう! (岐部)
(写真 闘って勝てる方針は【道州制粉砕!橋下打倒!】だと宣言する国賀事務局長

11月集会 1万人大結集で労農兵ソビエトの国際的展望を勝ち取ろう!

 8・5~6ヒロシマ大行動

【8・5産別交流集会】 早朝、車2台で一路広島へ。現地で鉄路組や東京の事務局と合流。九つの産別交流集会の内、先発の事務局4名の内1名は教労、他の3名の労働者は医療・福祉、合同労組の交流集会に参加した。実践の報告と教訓の共有の意義は大きい。

【青年労働者集会】
夕方からは同じ東区民センターで青年労働者交流集会。570名の労働者・学生が結集した。不起立を闘う教育労働者河原井純子さんは「昨日の青年労働者集会で大きなエネルギーをもらった。『君が代』解雇は阻めると確信した」と翌日の大集会で述べた。
動労千葉、動労西日本、国労はじめ各地の青年労働者の決意表明は青年の決起と労働組合での団結の重要性を核心的に突き出し会場全体を奮い立たせた。
大恐慌時代に道州制・民営化絶対反対で団結して闘うという確信と職場生産点の闘いの実践がオバマ賛美の大反動を根本の所で吹き飛ばした。11月集会への大組織戦がここからもスタートした。

【麻生の来広・祈念式典出席弾劾の直撃デモ】
6日、7時過ぎから東千田公園で決起集会。昨年より更に増えて550名が決起した。デモ隊は途中で原発推進の中国電力を糾弾し元安川沿いを進んだ。
8月1日、秋葉広島市長が「式典の時間帯でのアピールを絞れ」と異例の不当な圧力。
しかし、原爆投下時刻の8時15分に対岸の平和公園の式典会場に向かって核武装論者麻生に弾劾の声を大音量で叩きつけた。秋葉市長はじめ原水禁、日本共産党などのオバマ幻想・オバマ賛美が田母神「核武装講演会」をヒロシマに呼び込んでいるのだ。戦争への水先案内人である体制内指導部と徹底対決・打倒し前進していこう。

【8・6 大行動】
「被爆64周年8・6ヒロシマ大行動」の集会が広島県立総合体育館小アリーナで全国から1800名が参加した。基調提起は広島県労組交流センター。「秋葉市長、日本共産党、既成原水禁のオバマ賛美と北朝鮮への排外主義の扇動、田母神講演会などの『ヒロシマつぶし』と対決し労働者の国際的団結で核と戦争を廃絶し、労働者が主人公となる時代を切り開こう」「道州制は公務員労働者を《反戦運動の担い手》から《戦争の担い手》につくり変える攻撃。闘う労働組合を再生し、反戦反核の中軸になろう」と訴えた。(榎本)

【田母神講演弾劾行動】(P6・7参照)

8・9ナガサキ闘争

8月8日長崎の地で、(8・6広島~8・9長崎反戦反核闘争全国統一実行委員会が主催する、)反戦反核労働者集会を行いました。
ILWUローカル34のホアン・デルポソさんを始め、広島から引き続き参加してくれた闘う仲間、九州現地で闘う仲間の発言によって、“核廃絶はオバマではなく労働者の国際連帯でこそ実現できる”ということを確信することができました。私は集会最後の発言者として「世の中を変えることができるのは、私たち11月派、動労千葉派だけだ。労働組合の体制内指導部を現場労働者の団結の力で打倒して、11月1万人結集を実現しよう」と訴えました。
そして翌9日には、麻生首相の出席する記念式典を徹底弾劾するデモを行いました。私たちは「麻生は長崎から出ていけ!」「オバマ賛美を許さないぞ!」という怒りの声を式典会場に向かって叩きつけ、“核も戦争もない社会を築くことができるのはわれわれ労働者だ”ということを強烈に自覚できる、熱いデモンストレーションを貫徹することができました。(福岡・根本)

戦後50年を問う8・15闘争が爆発!

8・15朝、220人の労働者・学生が法政大正門前に結集し、閣僚の靖国神社参拝阻止!靖国参拝弾劾!改憲・朝鮮侵略戦争阻止!麻生政権打倒!民主党もだめだ!法制大暴処法弾圧粉砕!労働者の国際連帯の力で革命を!のデモがたたきつけられた。権力・右翼の妨害をはねのけ、労働者・学生の団結した闘いで日米帝の朝鮮侵略戦争を阻止するぞ!と国際連帯闘争を闘いぬきました。
午後の戦後50年を問う8・15労働者・市民の集いは、参加した790人が、国鉄1047名闘争の勝利、裁判員制度廃止・改憲決戦勝利、道州制・民営化決戦勝利の展望をつかんだ集会でした。朝のデモに続き 韓国・民主労総ソウル地域本部副本部長のチョ・ヒョノさんと組織部長のチョ・ジョンミさんが特別報告で双龍(サンヨン)自動車労組の約600名が死をも覚悟して闘った「整理解雇撤回・総雇用」要求の77日間に及ぶ工場占拠闘争の報告が行われた。
ビデオ上映では、警察権力の暴力と激突するサンヨン労働者、右翼の暴力に屈せず闘う家族、工場占拠を支援するために結集した多くの労働者たちの不屈の闘いに感動すると同時に、資本の解雇攻撃を国家暴力で支援するイミョンバク政権への怒りを抑えることができませんでした。
「労働者弾圧と解雇攻撃に労働者が勝利するには、現場の労働者の団結である。これは全世界の労働者の共通の課題だ」(チョ・ヒョノ)。そうです。11・1労働者集会に世界中から闘う労働者1万人結集を実現し、4大産別を先頭にサンヨン労働者の闘いを引きつごう! (杉橋)

(写真 世界の労働者人民を代表して麻生とオバマを弾劾するヒロシマ早朝デモ)
(写真 九州の労働者・学生を先頭に、デモ隊は麻生が出席した祈念式典会場に肉迫し徹底糾弾、さらに炎天下の長崎の街を進撃した)
(写真 青年労働者と学生を先頭に、右翼の敵対をはね飛ばして飯田橋駅前を進むデモ隊)

—————————————————-

投稿 自衛隊の募兵活動の強化 (上) 岐部

《大恐慌下の米軍募兵》
米軍は01年開始のアフガニスタン戦争とその後のイラク戦争で疲弊し崩壊的状況にある。58%が「アフガン戦争で勝利はない」(インデイペンデント紙の世論調査)と断言している中、オバマは米軍のタリバン掃討作戦の無差別爆撃で住民の大量虐殺を行わせている。8月5日の西部ファラ州への空爆で140人を虐殺。その内95人が子どもだ。絶対に許せない。
その反面、侵略占領に対する民族解放闘争・革命戦争は永続的に激化している。「米軍13万人」のみが駐留するイラクでは8月19日、バグダッド官庁街が攻撃され95人が死亡し526人が負傷。
このような状況の中、ゲーツ国防長官は7月20日の記者会見で「陸軍は部隊展開能力の危機に直面している」と表明した。
ところが、逆に米軍への志願者は増加している。米国防総省が公表した08年10月~09年3月の採用状況によると、海軍と空軍は採用目標の100%。戦傷死の多い陸軍と海兵隊がそれぞれ105%と114%の超過達成となっている。
これらは世界大恐慌下、労働者階級が生きていけない現実を最大の水路にした新自由主義攻撃下の募兵の結果である。

《自衛隊への志願の増加》
自衛隊も戦後初の戦地派兵で一時、減った志願者がこの間、一気に増加している。
自衛隊でも、米軍と同様に新自由主義攻撃下の募兵が推進されている。この「経済的徴兵制」の現状についてレポートしたい。
主に大学新卒予定者を対象にした自衛隊の一般曹候補生試験(曹は下士官)が今年から5月と9月の年2回に、そして、この間3~4倍だった倍率が今年5月の一次試験では約20倍になっている。  他方、自衛隊が陸・海・空の二士(一般応募の新兵)の志願理由を調査した07年度版の内部資料でも、経済的理由による青年の入隊実態が明らかだ。その1位は「自分の能力や適性が生かせる」(24・4%)2位は「他に適当な就職がない」(14・6%)「国の防衛」は6・6%だ。
「能力や適性」を生かす為の職種を希望しても求人がない。だから39%(1位2位の合計の) が敢えて軍隊である自衛隊を選択せざるをえない。 2千万青年労働者はこのような現実に生きているのだ。(続く)

———————————————-

民主党・連合政権・田母神反革命粉砕し、11・1労働者集会へ

自民党支配の歴史的大崩壊

7.12都議選、8.30総選挙は、世界大恐慌の本格化のもとで長きにわたる自民党支配・労働者支配の根底的歴史的崩壊を突き出した。それはまさに、大恐慌下で虐げられてきた労働者階級の鬱積した不満と怒りが自民党に向かって大爆発し、自民党支配を根底的に突き崩したのである。自公によるインチキな政治支配もろとも打倒した。 それは戦後の日帝ブルジョアジーの「議会制民主主義」による階級支配・労働者支配の在り方が、根本から大崩壊したことを意味する。
この怒りとは新自由主義攻撃に対する労働者階級の積年の憤激である。自民党がどんなにあがいても再浮上はありえないし、労働者階級が絶対に許さない。
それでは、民主党がこれに取って代わることができるのか。絶対に否である。なぜなら、民主党・連合は道州制推進である。そして四・四派である。彼らはますます道州制―民営化・労組破壊攻撃、三六〇万公務員首切り、一○四七名闘争解体の最先兵となってゆくことは不可避であり、労働者階級が絶対に許さないからだ。
今後、民主党をはじめどのような政権が登場しようとも、世界大恐慌の本格化のもとで資本主義の危機はより極限化し、社会のあらゆる矛盾が大爆発していく。戦争か革命かをめぐる巨大な大流動と分岐。革命と反革命の激突情勢の到来である。あらゆる勢力がこれまでどうりではやってゆけない。まさに革命情勢であり、階級対階級の大激突情勢に完全に入ったのだ。 いまこそ爆発する労働者・民衆の積年の憤激を資本主義の打倒にむけた階級的団結に転化しよう!
このような情勢だからこそ田母神のような反革命ファシストがブルジョア支配階級の危機乗り切りの凶悪な先兵として登場してくるのである。核武装・改憲を扇動し、対北朝鮮・中国への排外主義を叫び、団結破壊と侵略戦争態勢を暴力的に推進してくる。そんなものは労働者の階級的団結の力で断固粉砕あるのみだ! 今こそ職場と街頭でとことん組織し、10.11三里塚―11.1全国労働者集会一万人結集へ断固として突き進もう!

「つくる会」・田母神・山田区長を徹底粉砕!

7月12日、都議選投票日。東京・杉並では大恐慌と戦争情勢と対決し、田母神講演会粉砕・「つくる会」教科書採択反対の労働者集会とデモ、そして阿佐ヶ谷駅頭街宣を闘いとり、翌13日には田母神講演会場直近の荻窪駅頭で、田母神講演会粉砕・「つくる会」教科書採択阻止の四時間にわたる大街宣をやりぬいた。18日には産業商工会館で8.6―8.9に向けた反戦・反核東京集会が開催された。「ドルが破綻した今、核に頼るしかない。だからオバマ演説なのだ」「核による支配」「核による労働者分断」こそ帝国主義支配の要であり、スターリン主義の反革命と破綻があること、これに対置すべきは反戦運動を内包した階級的労働運動であること、労働者の国際的・階級的団結の力こそが核による帝国主義の世界支配を根底から覆し、プロレタリア革命をたぐりよせる力だということを鮮明にさせた。そして8.6―8.9への総決起を誓った。
8月10日、田母神が再び講演と称して杉並にやってきた。それは12日、杉並区での中学歴史・公民教科書に「つくる会」教科書を採択させるための「右翼決起集会」だ。12日、杉並区役所前は、朝10時から採択を断固、阻止するために集まった労働者・区民と「つくる会」派・右翼ファシストどもとの力対力の騒然たる激突の場となった。
山田区長は、公安警察に守られ、庁舎内にはバリケードを築き「つくる会」派を導き入れ、「つくる会」教科書の採択をもくろんだ。これに対し北島邦彦区議を先頭に参加者が次々とマイクを取り「山田区長や横浜市長・中田宏のように、資本との癒着と腐敗にまみれ、労働者の怒りの的になっている連中が『つくる会』教科書と道州制を導入しようとしている!労働者の団結でぶっ飛ばそう!」と徹底弾劾をたたきつけた。右翼の敵対に一歩も引かない、断固として対決する。右翼の目の前で採択阻止の署名をする人、右翼に食ってかかる人が何人も現れた。結果は、「つくる会」の歴史教科書(扶桑社版)は採択されたが「つくる会」公民教科書の採択は阻止した。
戦争教育は阻止できる。それは教育労働者の団結の中にある。労働者階級の階級的・国際的団結こそが一切の回答だ!   4大産別決戦の爆発で11月一万人結集へ徹底的に組織しよう!

 オバマ演説の実態

オバマのプラハ演説の実態は、「平和への前進」とは全く逆のものだ。実際問題、6月29日、オバマ政権発足後初めてICBM「ミニットマンⅢ」の発射実験を実施した。そして8月7日には、ミサイルや爆撃機による世界全域への核攻撃を統合する新軍団「グローバル(地球規模)戦略攻撃軍団」が発足した。米空軍が新軍団を創設するのは28年ぶりのことだ。これまで別々の指揮系統にあった地上発射型の大陸間弾道弾(ICBM )と、B52、B2といった戦略爆撃機による核攻撃を一括して指揮する拠点として設けられた。式典に参加した空軍長官は「我々の核攻撃態勢の再生にとって画期的なできごとになる」と語っている。
8月6日米国防省は、従来の「バンカー・バスター(地下貫通型爆弾)」の十倍の威力を持つ超大型爆弾の製造を急ぐための費用を予算に盛り込むよう議会に要請したことを明らかにした。これだけ見てもオバマ演説がいかに「核廃絶」とはかけ離れているか明らかではないか。大恐慌下で大国間の利害が激しく衝突する中、崩壊するアメリカ帝国主義の世界支配の危機を、核による新たな軍事・外交戦略で突破しようとする「核拡散阻止」と銘打った「核独占戦略」と「核戦争宣言」だ。この戦略のもとに侵略戦争を継続するということだ。絶対に許してはならない。

 田母神ファシスト運動許すな!

「今のままでは、国家が左傾化して国家が衰退体制するだけだ」「日本は唯一の被爆国だから核武装するべきではない、というのは論理がおかしい。日本は唯一の被爆国だから、三度目の核攻撃を受けないためにも核武装するべきだ」「有事に敵地攻撃ができるようにするには、まず、『専守防衛』という馬鹿な(ママ)考え方を捨てるべきだ」「民主党が政権を取っても半年で潰れると思います。自民党も民主党も潰れていただいて、保守合同で強力な保守政党ができない限り、日本は本当にダメになる」
まさに「持たざる国」日帝支配階級の絶望的悲鳴が聞こえてくるではないか。田母神の基本的主張は①日本が侵略国家だったというのは濡れ衣、②集団的自衛権の行使と憲法の改正、③安保に依拠せぬ核武装を軸とした自主国防である。「つくる会」と一体となって北朝鮮侵略戦争とそのための戦争態勢の構築の必要性を全国をまわって扇動している。まさに反革命ファシスト運動である。
大恐慌と自公政権の崩壊は、階級支配の崩壊と大流動情勢への突入だ。。
田母神ファシスト運動の狙いは、労働者の階級意識を解体し、団結破壊と侵略戦争への動員である。まさに没落せる日帝支配階級による道州制攻撃と一体だ!断固粉砕あるのみだ!情勢は圧倒的に動労千葉派に有利である。労働者の階級的・国際的団結にかけきって一切の体制内派の策動を粉砕し、11.1労働者集会一万人結集へ突き進もう!(事務局)

———————————————–

掲示板  反戦運動を労働運動の中で

RISEの創刊と「労働者・兵士ともに起ちあがろう!」のスローガンにこめられた、無限の可能性にわくわくする思いです!反戦運動は本来、市民運動だけのものではなく、むしろ労働運動の中で取り組まれたとたん、爆発的な広がりをもつものだと思います。七月にサンフランシスコで行われた国際労働者会議で、シンディー・シーハンさんが「問題は階級闘争です。搾取する階級と搾取される階級の問題なのです。労働組合に属していようがいまいが、社会正義をめざしていようが、平和運動をやっていようが、搾取されている階級として団結すべきなのです。」と発言していました。まさに、ここに示されていると思います。階級として、団結しましょう!(東京会員・I)

十一月一万人で兵士と合流を

資本主義と自民党支配の崩壊が劇的に進行しています。労働者が団結し資本主義を打倒する時代に恐怖し、田母神・前空幕長は核武装を掲げて登場してきました。
資本家政府の治安出動を、兵士が拒否し労働者との合流を実現する時代です。
自衛隊兵士の労働者への合流の原点は、七〇年安保・沖縄闘争という労働者階級の資本主義社会を根底から変革する決起が、「軍服を着た労働者」である兵士の階級性を覚醒させ、兵舎の分断を乗り越え実現したことです。
日本の労働者階級は、労働運動絶滅と改憲攻撃の国鉄分割民営化に勝利した動労千葉労働運動をしっかりと手にしています。〇九年十一月労働者集会に動労千葉を先頭に資本主義を打ち倒す労働者階級の大隊列を登場させ、労働者と兵士の合流を実現しましょう!(会員東京西部 T・M)

———————————————–

「食えない青年は軍隊へ」

七月ニ五、二六日、高円寺駅前で、自衛隊東京地方協力本部、高円寺募集案内所による自衛隊募集キャンペーンが行われた。「食えない青年は軍隊へ」とばかりに自衛隊が駅で街頭宣伝を行ったのである。体験入隊と称するテントを張り、高機動車を乗り入れ、人命救助セット展示説明、鉄帽及び防弾チョッキ試着、パネル展示。さらに抽選で海上自衛隊護衛艦「体験航海チケット」が当たりますと看板を出し、数人が体験航海へと印刷された団扇を配っている。迷彩服の登場で、周囲は戦時下を感じさせる異様な雰囲気だった。これまでのあり方を超えるエスカレーションだ。私たちも炎天下、自衛隊のソマリア沖派兵と海賊新法を徹底弾劾する街頭宣伝を行った。そして、「生きさせろ」の青年労働者の闘いを大きくしていこうと思いました。(杉並・鍛冶)

十一月一万人決起を!

資本による支配のもとでは、労働者は利益を生みだす道具としか扱われません。大恐慌ではこの本質はより露骨になっています。今までの資本の側の「譲歩」をすべて取払い、残るのは直接的な暴力支配しかありません。
大恐慌下すでにイラク・アフガン侵略戦争に突入し、絶対服従を強制する隊内でも矛盾はより極端に現れる。自殺や上官に対する反抗。自然発生的な集団的反乱が労働者階級の反乱に先行する可能性が高いのは歴史が示しているとおりです。
米軍内でも、自衛隊内においても、すでに、そうした条件が日々、成熟する情勢下にあります。 七十七日間の工場占拠を権力・資本の暴力的弾圧と真っ向から激突し、貫徹したた韓国・双龍(サンヨン)自動車の労働者は獄中からも団結を呼びかけている。このサンヨン労働者との国際的団結で、。十一月一万人決起をなんとしても実現しよう!(東京会員・S)